menu

背中~腰

・ぎっくり腰
・慢性的な腰痛
・椎間板ヘルニア

037


ぎっくり腰

重い荷物をもった時や、急に身体を激しく動かした時に起こるぎっくり腰。寒い時期は特に身体の筋肉もかたまりやすくなっているため、十分に注意が必要です。治療だけでは無く、普段の生活で気を付ける体制などを指導して行きます。


慢性的な腰痛

スポーツで激しい運動をしている方に限らず、デスクワークや立ち仕事が多い方も腰痛に悩まされているのではないでしょうか。姿勢が悪い方は特に、背中や腰の筋肉に負担が掛かります。腰痛に悩まされやすくなりますし、治りにくくもなります。妊婦さんでも、お腹が大きくなるにつれて身体の重心が代わる為、腰や股関節の痛みに悩まされることが多いです。当院では、施術の体制に最善の注意を図りながら治療を進めます。女性スタッフもおりますので、お気軽にご相談下さい。


椎間板ヘルニア

背骨を構成する骨と骨の間にある軟骨を椎間板と言います。老化や激しい運動によってこの椎間板が飛び出し、神経を圧迫することによって痛みが生じてしまうのがこの椎間板ヘルニアという症状です。腰から足先にかけて痺れを感じたり、咳やくしゃみをしただけで激痛が走ることもあります。電気治療器や手技を使い、症状の改善を行います。

▲ページの先頭へ戻る